サイトをリニューアルしました! [2019-05-01]

転職で失敗しないように気を付けるべきこと

働き方・考え方にも会社の方針に慣れてきてすこしずつ仕事を覚えてきていると思います。今この記事を見ている方は、会社になじめていない方、仕事に少し慣れてきたのにかかわらず、仕事環境が合わず次のチャレンジをしたい方もいるのではないでしょうか。

最近では大手企業が安心という時代は経団連やトヨタも言っていて、これからはどういう会社や仕事が安定的なのかはよくわかりません。仕事を動くために失敗しないよう準備必要だと思います。

ここでは、私の体験をもとに、気を付けたほうがいいことをまとめていってます。ぜひ参考にしてみてください。

失敗しないように気を付けるべきこと5選

ベンチャー企業のよくある転職失敗は

「新しいサービスでこれから来る!」といっても安易に選ばないことが重要です。成長はできるしれませんが、サービスのライフサイクルが短くて3年後には消えてしまうサービスかもしれません。。情報を鵜呑みにせず一番大切なものが何か、長い目で見てしっかり考えて決めたほうがいいですね。

創業メンバーなら別ですが、企業の成長ステージによっては一緒に働くことでの恩恵が最大化できるのか、意味をなさないのか出てきます。タイミングが早すぎると無給で働くこともありますし、成功しなければ解散といったこともあるようです。 特に「今は給料低すぎても、うまくいったら十分払います」というのを聞いた場合は避けたほうがあいいです、約束になりがちなのでNGワードです。

また組織が大きくなり始めているタイミングだと、ただただ仕組みの中に飛び込んだだけになりますので、成長する実感は得られないかもしれません。これらも人によって考え方が違っていて、仕組みで仕事を動かしていくことを学ぶ機会となります。

ベンチャー企業だと永遠にただ働かせらかされているだけかもしれないので環境を変えないほうが良かったということもあるようです。 自分が大切にしたい軸を持つことで多少回避はできると思います。

労働時間が異常に長く、離職率が高い会社

もし大手企業だったとしても、労働時間が長くてそれが理由で離職率が高いとかもあると思います。成長機会ととらえて働く分にはいいとは思いますが、本当に自分にとって必要かどうかは考え得ましょう。

働くことにお金が発生していますので、タダ働きはやめたほうがいいですね。もちろん、ボランティアではないです。もし今いる会社や転職した先が論外な会社だったということもあると思います。どう頑張っても得しないような場合、よく考えたほうがいいと思います。

もちろんやるべきだけどやらずに・・・というのはナンセンスですので、ある程度は割り切ってお仕事を進めたほうがいいです。またこれらの会社はネットで口コミが出てくると思います。信頼性に欠けたりするかと思いますが、ダメな会社は大体あたっています。感じ方は人それぞれですが失敗しないよう事前に調べておいたほうがいいと思います。

利益率が低く安定だけど給料が低い会社

事業モデルは利益率が低い場合は労働者が苦しいだけです。よく考えてみると給料は上がっていきません。大変だから給料が高くなる仕事もあれば、給料が安すぎて大変な仕事もあります。こういった仕事はできれば積極的に避けたほうがよいです。もちろん好きな仕事であればいいのですが、その仕事自体が希少価値となりその仕事自体が低いという結果となります。

とても難しいですが代わりが効く仕事に従事している場合は、路頭に迷う可能性があり特に要注意です。 好きな仕事であればいいのですが、極力避けたほうがこれからの時代には合ってそうです。 でも自分らしく働けている方はそれでもいいとは思いますね。

10年働かないと1人前にならない会社

もちろん、エンジニアのように10年勤めないとまともな仕事が出来ない職業もありますが、多くの業務はサービス業的な側面がありますし、それって社員がやるべき仕事?という業務もあると思います。

一般論ですが、大企業だとたくさんの優秀な方がいたりするので、チャンスは減り下積みを経て昔からいる人から良い仕事が優先されるから自身にチャンスが回ってくるのはだいぶん後です。

長く考えると経験をじっくり積ませてくれる良い会社なのですが、自分が上に行くまでに時間がかかり、手遅れにならないように考えるべきです。長く働かないと1人前にならない会社は成長するまで時間があるので特に必要な企業・人材は限られてきています。

転勤を科している会社は気を付けたほうがいい

もちろん、働いていて問題ない人はいいのですが、転勤当たり前の会社の人は本当に危ないと思います。今まで転勤させる代わりに長く勤めることができましたが 、企業と人が対等になってくるので、育てる代わりに厳しい仕事をさせるという会社は少なくなってくると思います。

自分が成長するまでに時間がかかるので、時間をかけて自分を育ててくれることで代わりが効かない存在になると思いますが、こういった企業が減ってくるのも事実だと思います。そしてこれからは転勤はできない時代になってきて現地採用が増えてくると思います。地方の人はチャンスかもしれません

サラリーマンなのでリスクがある会社で働くのには気を付けたほうがいい

ベンチャー界隈に身を置くとわかるのですが、ステージによって必要な人が変わるので、その時々で必要な人が変わるんですよね。今が良いからと言ってこれからも良いとは言えないし、逆に今がめちゃくちゃ悪くても数年たつと好転する事もあります。ここのコントロールは自分だけでは難しいですね。存続し続けられる会社かどうかもチェックは必要です。

一番危険なのは人を雇える環境ではないのに雇いたい会社もあります。お会いした中で様子が変だな、と思ったら大体危険が潜んでいました。そういう会社は雇う人のことは一つも考えていません。

もちろん、人間なんて多くは気の持ちようだったりしますが、働くリスクを問われる会社は論外だと思います。その中でも何か得るものがあるのであればチャレンジしてみるのもありです。

最新情報をチェックしよう!
>30代メンズライフスタイルメディア「yoshilog86」

30代メンズライフスタイルメディア「yoshilog86」

不定期更新ですが、日本一のメディアになれるように更新頑張っていこうと思います。些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG