サイトをリニューアルしました! [2019-05-01]

初心者SEO対策をして、記事を上位表示させる方法

先日Webコンサルを受けたのですが、その一環で初心者ブロガーさん向けのSEO対策を教えてもらいました。もともと制作サイドではないのでチンプンカンプンな自分だったりしますが試行錯誤してブログを書いていっています。

私自身、兼業で限られた時間しかないので後回しにしていた施策もありましたが、そもそも小手先のテクニックみたいなところは書籍だったりGoogleで検索して調べるぐらいでした。これを見た方はご自身のブログがどんな状態なのか、確認して日々のブログを改善してみてくださいね。

まずはどんなことを教えてもらえるか体験談として書いていきます。

カミジョーさんの8個のSEO対策指摘箇所

※カミジョーさん、コメント※

  1. All in one SEOパックの設定はちゃんとやったほうがいいね。
  2. フリー素材の画像は最適なのはWを800に調整し、統一したほうが良い
  3. 画像はAltタグをつけよう「代替テキスト」と「説明文」をいれてあげよう
  4. 1サイトの中で〈strong〉タグを3~5個入れましょう。文字数少ないと1つで良い
  5. タイトルの選定は重要で、重要単語はできる限り左に。検索窓に打ってヒットするか確認。
  6. 単語の統一。「糸島市」なのか「糸島」なのかペルソナに合わせる。
  7. 記事書いたらfetch as Google やろうね。認識するまで時間かかるから。
  8. 「PubSubHubbub」入れて、インデックスを早くしよう

All in one SEOパック

よくあるツールで初心者の方でも聞いたことがあるんじゃないでしょうか。私も知っていましたが、これらはしっかり入れて、記事ごとに最適なタイトルと説明文を入れてあげることで、記事が読まれやすくなると思います。

私はまだSEO対策をするフェーズではないと思い、放置していましたが、さすがに指摘されたので今までの前期時にタイトルと説明文を入れるようにしてみました。入れてない方はそろそろ、私と同様に書いてあげると良いと思います。SEO的にもよいですし、CTRも変わると思います。

とにかく入れてみるのが良いと思います。そこからSEO対策として、テクニカルなところをやってみてもいいと思います。

Cacoonだとフリー素材の画像は最適なのはWを800

無料テーマのCaconnだと、画像素材の素材はWが800らしいです。私は通勤時間に無料画像あさりを日課として探しているのですが、ケータイで写真を取得したときに最終的にW800に加工していこうと思いました。たくさんの画像があったのでそれ以外のサイズは削除、差し替えを行いました。

「結構時間取られるので後で変えればいいや?」と思わず、めんどくさいので先にやっておいたほうが良いと思います。私みたいに「後でCacoonが良いのかも」と学んで移行しましたが、先にCaconnってわかっていれば、気にせず全部W800のサイズにそろえればよいです。

本当は全部の工程を一気にやればよいのですがさすがに兼業で家庭を持っていたりすると本気で時間がないため、効率が多少悪くてもフリー画像の取得は携帯でやっています。

ケータイでもできなくはない作業なので私は通勤時間を利用して選定したり、リサイズしたりしています。読まれるような良記事は画像もオリジナルにしていこうとしていますが、私のブログではまだいいかなと思っています。

画像はAltタグをつけよう「代替テキスト」と「説明文」をいれてあげよう

ここもよくある話ですよね。私は、これ後でやろうと思っていました。記事もかけないのに最初からこだわってもしょうがないし、と思っていました。どうやらこの対策は今でも残っているセオリーのSEO対策のようです。記事数が少しずつ増えてきたので、50記事に近づいてきたらこの辺りも考えようと思います。ただし、画像の精査もだいぶ行ってきたので、時間次第ではすぐやってもよい気がしてみました。私自身は画像の整理からスタートです。

1サイトの中で〈strong〉タグを3~5個入れましょう。

文字数次第ですが、これもなくなってないみたいです。要はクローラーにこの記事が何を表しているものなのか、見てもらう話しです。3つから5つが一般的らしいです。文字数が少ないとstrongタグ多くつけてしまうとGoogleがよくわからなくなってしまうので、文字数が1000文字ぐらいであれば1つぐらいでよいです。

タイトルの選定は重要で、重要単語はできる限り左に。

狙うべきキーワードを入れることはとっても当たり前ですが、重要な単語はできる限り、タイトルの左側にしておいたほうが良いとのことです。見る時も重要ではない言葉が左側にあると、読み手もよくわからないと思います。クローラーが見たときに左にないと評価が下がるわけではありませんが、タイトルのできるだけ左に文字を寄せるとGoogleが認識しやすいみたいです。

単語の統一。「糸島市」なのか「糸島」なのかペルソナに合わせる。

これ読者次第なのですが、ペルソナによって違うのかなと。カミジョーさんはよく気にしているみたいです。私の糸島の記事は、東京の人が観光目線で「糸島」として探しますので、「糸島」でいいのかな?とチェックしていました。ただし、キャプチャーした別記事の場合は糸島市のカフェを探す記事にしたので福岡県近郊の方が市区で区切って探すときに使うケースだった。

よくよく考えるとキャプチャーの記事は「糸島市」として利用したほうが自然に違和感がなさそうです。この辺り何気なく使ってしまいましますが、統一してGoogleに対してもユーザーに対しても、読みやすくもしてあげないといけないなと反省しましたね。ちょっとしたニュアンスが違うと直帰して別ページに行きますので、ここも気を付けなければならないですね。

記事書いたらfetch as Google やろうね。認識するまで時間かかるから。

これは絶対です。これをやらないとGoogleが記事を書いた後にやらないと、時間かかっていつ見に来てくれるかわからないのでインデックスさせたほうが先にインデックスさせたほうがよい。

私も過去記事やこれまでの記事もう一度、「fitch as Google」やりました。これまでは文字が書けなかったので記事を付け足すスタイルにしていて、Googleが勝手に見れくれればいいやーと思ってましたが、だいぶ文字量も増えてきたので少しは質自体も記事がかわってきているせいか、微量ながらトラフィックが増え始めました。

それはそうか。いくつか一気に上げてみたのと、記事も最初は800文字ぐらいでしたが、今は3000~5000文字ぐらいになってきているので読者が読みたいかどうかは別だとしてGoogleにとっては記事も少しはいい感じなのかもしれません。

このセクションが一番重要かもしれませんね(笑)

「PubSubHubbub」入れて、インデックスを早くしよう。

wordpressのプラグインです。インデックスが早くなるようです。入れといたほうがいいですよーって言われて即入れてみました。使い方わかっていませんが、信じて入れました(笑)

理論がわからないと行動できない人は、勝手に調べてくれ!

WEBコンサルしてくれた方はご存知、カミジョーさん

お忙しいところ、見ていただきました。

今回の記事はコンサルティングというよりはもう少し具体的なSEO対策よりの部分を抽出して記事にしています。もしかしたら、初心者の方は小手先のテクニックの方がつまずいていて、これからの話ではなく、今のこのモヤモヤ解消したい!って方の方が良いかもしれませんね。

SEO対策すると下記のイメージ。ここまで行けるようになりたくないか?

はい。上記のように、狙ったワードで上位に表示させるために、何をすべきなのかをまとめてみました。また見落とししてそうな部分をピックアップしているので確認できましたでしょうか。

ここはOKだよと言われた2つの箇所

Cacoonは無料テーマの中では最強だから選定は良し。

WordPressにした後、最初にどのテーマを使うか考えると思います。要領がよくお金に余裕がある方であれば優良テーマを選んで時短している方もいると思います。おそらく「その方は先輩的な人に、先に優良テーマ入れとけ!時間ないから先にやれ!」と言われたんじゃないでしょうか。

確かに全くその通りなのですが、初めての方って、そこまでいるかな?って思うんです。ただ、はてなとかでブログ書いててそこからWordpressに移行した人はまぁいいと思います。でも、ブログをこれからも継続して書いていかわからない人が思い切ってブログをはじめてみた場合は、あまり時間をかけず、無料でも良いですからテーマを一つ決めて実施したほうがよいです。

ちなみに、カミジョーさんからは無料テーマだとCacoonが最強って言っていました。できないこともあるかと思いますし、いまだに思うのが優良テーマよりは確かに見劣りするところもあると思います。でも最初はそれでよいと思います。

最低2000ぐらいあればいいから、文字量はまあいいと思う。

最近はほとんどスマートフォンでブログを見たり、何かを調べる最中にブログサイトに訪問すると思います。スマートフォンなので都心の方は特にですが、移動時間に調べる方が多いのではないでしょうか。その時に考えなければいけないことは、文字量は少なくてもよいことです。

まれに1万文字ぐらい書かれたブロガーさんの自己紹介見たりしますが、さすがにどんなに気になったとしても1万文字はきついと思います。書きすぎるとどこかで見たくないタイミングもありますし、絶対見に行かないと思います。ほどほどがよいです。

SEO対策的な話でいうと3000文字~5000文字ぐらいないと評価したり、オススメできる材料が足りなすぎるので結局これぐらいの文字数になるのですが、ちょっと調べて解決策が知りたい方は2000文字あれば十分だとのことです。1000~2000ぐらいの方はもうちょっと書いたほうが良いらしいですが、3000文字を目指して書いていると差別化できるような文章になると思います。

あくまで目安なのですが、文章はしっかり書いているほうだと思いますとのことでした。

最後に

「ここやり漏れているからやったほうが良いですよ」的なところを見てもらえて、なんだか安心。作業っぽいところや優先順位つけられなかったから後回ししていたけど、教えてもらって「ここは先にやったほうがよいかもなー」ってところが明確になってよかった。全然修正間に合ってないけど、モヤモヤがすっきりしたかもしれない。

 
初心者の人は客観的にわかっている人にしっかり見てもらったほうが良いのかもね。努力でも解決するかもしれないけど、兼業していると時間ないじゃん。しんどくなって稼げなくて辞めるよりは時短したほうが良いのかも。一番は楽しんでやれば結果はついてくるんじゃない?
 

絶妙なニュアンスまで丁寧に整理頂きました。

特に、ブログ記事に影響するため何の単語を選ぶのか、ペルソナ設定によって細かい単語の使い方が決まります。これらを意識しながら、誰かに向けてラブレター書くつもりで書いてますか???明日から書きましょうよ。ラブレターを。

 

最新情報をチェックしよう!
>30代メンズライフスタイルメディア「yoshilog86」

30代メンズライフスタイルメディア「yoshilog86」

不定期更新ですが、日本一のメディアになれるように更新頑張っていこうと思います。些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG